自動車事故を起こしやすいシチュエーションと運転者の特徴

自動車事故を起こしやすいシチュエーションと運転者の特徴

 

自動車事故を起こしやすい状況・シチュエーションと、運転者の特徴を知ることで事故を起こす・巻き込まれる確率を減らすことが大切です。

 

そこで今回は、自動車事故を起こしやすいシチュエーションと運転者の特徴についてご紹介しますので、参考にしてみてください。

 

自動車事故を起こしやすいシチュエーション

 

事故を起こしやすい場面についてご紹介します。

 

雨が降っているとき

 

雨が降っているときというのは、かなり厄介です。

 

まず、雨粒が当たってはじけることで、視界がぼやけて周囲の確認が難しくなります。

 

ワイパーを動かしていたとしても見えにくくなる瞬間はありますし、フロントガラス・車後部のガラス以外の部分は水分が拭き取れないですからね。

 

また、ハイドロプレーニング現象も注意が必要です。教習所で必ず習っているはずなので、覚えている人も多いでしょう。

 

この現象は、水がたまっている路面を走っているときに、タイヤが滑ってコントロールが効きにくくなってしまうというものです。

 

原因としては、スピードの出しすぎであったり、タイヤの劣化(溝がなくなって滑りやすくなっている)、タイヤの空気圧が不適切、といったことが挙げられます。

 

一般道でもありますが、それよりも高速道路のほうが多いですね。

 

夕方-夜

 

改めて言われるまでもないかと思いますが、夕方から夜にかけては事故が起こりやすいです。

 

特に、歩行者であったり自転車が見えにくくなる時間帯なので、より慎重な運転が必要になります。

 

歩行者は反射板などをつけていない人が多いですし、自転車は帰宅でスピードを出しているうえ後姿だと反射板はあってもあまり見えませんし、中には無灯火の人もいますから。

 

自分以外の搭乗者がいるとき

 

普通、自分以外の搭乗者がいるときというのは、いつも以上に慎重な運転をすると思います。

 

ですが、中には自分の運転技術を自慢する・誇ろうと思って無謀な運転をしてしまう人もいるんですよね。

 

これは下で紹介する、事故を起こしやすい人の特徴のカテゴリーにも入りますが、事故を起こせば自分以外の人も巻き込むということを再度強く認識する必要があります。

 

自動車事故を起こしやすい運転者の特徴

 

事故を起こしやすい人の特徴についてご紹介します。

 

自信過剰

 

ベテランのドライバーであっても、事故を起こすことはあります。

 

特に、自分の運転技術に自信を持っている人は危ないです。

 

自信過剰だとついついスピードを出し過ぎてしまったり、よそ見をするといった行為が増えていきますから、必然的に事故を起こしやすくなります。

 

感情の起伏が激しい

 

すぐイライラしたり、かっとなってしまう、些細なことでパニックになりやすいといった特徴がある人は、特に気を付けて運転する必要があります。

 

想像力に乏しい

 

運転している最中は、常にどういったことが起こり得るのか想像力を働かせる必要があります。

 

例えば、片側の道路が渋滞しているとき、自分の走っている側は渋滞してないからと何も考えず運転していませんか?

 

その場合は、反対側の車のわきから人や自転車が出てくる可能性を考え、掛けであったり車の上に頭が見えていないかなどを観察しながら運転することが大切です。

 

このように、常に想像力を働かせ、不測の事態が起きた場合すぐに対処できるようにしておくことが、事故を起こさないためには重要なんですよ。

 

軽率・軽はずみな行動をとりやすい

 

まぁ大丈夫だろう、といった運転をする人を見かけます。

 

一通なのに車は来ないだろうとか、赤信号に変わる瞬間にどうせ車・人は出てこないだろうといった、軽率・軽はずみな判断をしてしまう人は気を付けることが必要です。

 

運転経験が浅い

 

当たり前の話ですが、免許を取って日の浅い人は事故を起こしやすいです。

 

教習所で運転を経験しているとはいえ、絶対的に経験量が足りないんですよね。

 

なので、免許を取得してまだ日が浅い場合は道路状況がよくわかっているところを中心に、交通量があまり多くない時間帯(夕方や夜は控える)を選んで運転し、経験を積むようにしましょう。


関連ページ

【ペーパードライバー・初心者向け】運転の練習方法まとめ
【ペーパードライバー・初心者向け】運転の練習方法まとめ
ペーパードライバーを克服することはできる?
ペーパードライバーを克服することはできる?
車の運転が下手な人の特徴とうまくなるための方法
車の運転が下手な人の特徴とうまくなるための方法
交通事故にあった時の大まかな対処の流れ
交通事故にあった時の大まかな対処の流れ
交通事故を回避・起こさないためにするべきこと
交通事故を回避・起こさないためにするべきこと