交通事故にあった時の大まかな対処の流れ

交通事故にあった時の大まかな対処の流れ

 

どんなに気を付けていても、交通事故の被害者になることもあれば加害者になることもあります。

 

そんな時、どういった対処をすればいいのかわかっていないと、思わぬ方向に話が進んでしまうことも。

 

そこで今回は、交通事故にあった時の対処法(被害者・加害者)についてご紹介します。

 

二次被害の防止策をしっかりする

 

交通事故にあった場合、まずは安全の確保が優先です。

 

二次被害を防ぐため、車が自走可能であれば安全な位置まで移動してエンジンを切ってください。

 

また、やむなく道路上にそのままとどまる場合などは三角板や発煙筒を使い、後続車に危険を伝えるようにしましょう。

 

それと、高速道路では社内にとどまったり路側帯にいるのは避け、ガードレールの外側や避難場所に移動して下さい。

 

負傷者の救助・応急処置

 

対人事故で負傷者がいる場合は、負傷者の救助、並びに応急処置をする必要があります。

 

これは救護義務と言って、必ず行わなければいけないものです。これを怠った場合は救護義務違反となります。

 

必要に応じて、救急車を手配したり、近くに病院がある場合はそちらに連れて行くようにしましょう。

 

警察への連絡

 

二次被害の防止策を講じて負傷者がいる場合はその救助・応急処置をします。

 

それが終わったら次は警察への連絡です。余裕があれば最寄りの警察署を探して電話してもいいかもしれませんが、基本的に110番で問題ありません。

 

警察に連絡しなくてもいい?

 

警察に連絡するのは義務です。道路交通法でそう決められています。

 

これは人身事故であろうが物損事故であろうが、事故の内容が大きかろうが小さかろうが関係ありません。

 

示談するのはあり?

 

示談自体はありです。交通事故の場合、その多くが示談で終わります。

 

ですが、その場で当事者同士のみ、事故直後に急いで示談を済ませてしまうのはNGです。

 

大体の場合、お互いに加入している保険会社を通して話は進んでいきます。

 

相手の連絡先の確認

 

相手の連絡先を確認し、しっかりと記録しておきます。確認する内容は下記の通りです。

 

  • 名前
  •  

  • 住所
  •  

  • 電話番号
  •  

  • 勤務先の情報(会社名・住所・電話番号)
  •  

  • 車のナンバー
  •  

  • 免許証番号
  •  

  • 加入している保険会社名(保険加入の有無)

 

保険会社への連絡

 

保険会社に連絡します(もしくは保険代理店)。

 

加害者はもちろんですが、被害者であっても一応自分の加入している保険会社に連絡しておくようにしましょう。

 

あとあと過失の割合が変わってくることもありますし、相手が無保険の場合は自分の保険を使う必要が出てくるためです。

 

医師の診断を受ける

 

特に外傷もなく問題ないと思っても、後々症状が現れることがあります。

 

例えば、ぶつかりそうになって軽く倒れたといった場合などは問題ないかもしれませんが、何かしらのトラブルが出る可能性がある場合は医師の診断を受けておいたほうがいいでしょう。


関連ページ

【ペーパードライバー・初心者向け】運転の練習方法まとめ
【ペーパードライバー・初心者向け】運転の練習方法まとめ
ペーパードライバーを克服することはできる?
ペーパードライバーを克服することはできる?
車の運転が下手な人の特徴とうまくなるための方法
車の運転が下手な人の特徴とうまくなるための方法
自動車事故を起こしやすいシチュエーションと運転者の特徴
自動車事故を起こしやすいシチュエーションと運転者の特徴
交通事故を回避・起こさないためにするべきこと
交通事故を回避・起こさないためにするべきこと