ペーパードライバーを克服することはできる?

ペーパードライバーを克服することはできる?

 

免許は取ったけど、それから全く運転をしていないペーパードライバー。

 

別に、交通機関が発達しているところであったり、少々不便でもそれが我慢できれば問題ありません。

 

ですが、ずっと同じ状況でいられるとも限りませんよね。転勤で交通の便が悪いところに引っ越したり、新しい家族が増えて徒歩や自転車・公共の交通機関だけでは対応できなくなったとき、運転が必要になります。

 

ペーパードライバーは克服できる

 

克服というのを普通に運転することができるととらえるのであれば、ペーパードライバーは克服できます。

 

それは、ペーパードライバー歴数ヶ月であろうが10年超えのベテランであろうが同じです。

 

そもそも論として、免許の取得自体はしているんですからできないわけがないですよね。

 

いきなり運転できるようになるのは難しい

 

免許を取得してから数ヶ月でもなれるのに時間がかかります。まして、数年とか、10年を超えてくるようだとさらに大変でしょう。

 

そういった状況で、いきなり普通に運転できるかと言えば、無理です。やはり、ある程度の練習を積む必要があります。

 

練習の方法は?

 

練習方法として一番いいのは、教習所などで行われているペーパードライバー講習を受講することです。

 

やはり普段から運転を教えている人に教えてもらうのが一番ですよ。

 

また、難しいところは家族に運転してもらって、難易度の低いところから運転を始めるのもいいでしょう。

 

ペーパードライバーの練習方法について詳しくは下記リンク先ページで紹介していますので、そちらも参考にしてみてください。

 

⇒ 【ペーパードライバー・初心者向け】運転の練習方法まとめ

 

運転がうまくなるかどうかは別

 

ペーパードライバーを克服することはできますが、正直運転がうまくなるかどうかは別問題です。

 

いくら練習しても、苦手意識が消えない人は消えませんし、うまくならない人はうまくなれません。私の実感ですが。

 

ただ、なんとか運転することはできます。

 

なるべく危険を避ける

 

重要なのは、まずい状況になりそうだと思うことを避ける、ということです。

 

事前に道を調べて狭い道に行かないようにしたり、夕方・夜には運転しないようにスケジューリングする、といった対策をするようにしましょう。


関連ページ

【ペーパードライバー・初心者向け】運転の練習方法まとめ
【ペーパードライバー・初心者向け】運転の練習方法まとめ
車の運転が下手な人の特徴とうまくなるための方法
車の運転が下手な人の特徴とうまくなるための方法
自動車事故を起こしやすいシチュエーションと運転者の特徴
自動車事故を起こしやすいシチュエーションと運転者の特徴
交通事故にあった時の大まかな対処の流れ
交通事故にあった時の大まかな対処の流れ
交通事故を回避・起こさないためにするべきこと
交通事故を回避・起こさないためにするべきこと