交通事故を回避・起こさないためにするべきこと

交通事故を回避・起こさないためにするべきこと

 

車に乗っていると常に隣りあわせとなるのが、交通事故です。

 

どんなに気をつけていても起こしてしまう・巻き込まれてしまうこともありますが、だからと言って何も考えずに運転するのもNGですよね。

 

注意していれば防げるものもあるので、ここでは交通事故を回避・起こさないために注意するべきポイントをご紹介します。

 

自信過剰な運転は辞める

 

男の人に多いですが、自分は交通事故なんて起こさない、運転技術が優れているといった思い込みは捨ててください。

 

自信過剰でいると、ついついスピードを出し過ぎてしまったり、危ないタイミングで曲がってしまうことなどがあります。

 

また、中にはアルコールを飲んだ後に乗ったり、スマホを見ながら運転する、運転中によそ見をするといった行動をとることにもつながるんですよ。

 

仮に優れた運転技術を持っていたとしても、そういった気の緩みを持っていては事故の確率が上がります。

 

毎日車に乗っているタクシー運転手やトラックドライバーでも事故を起こしてるわけですからね。

 

思い込み・決めつけ運転は避ける

 

よく言われることではありますが、運転は万全を期していろいろ予測をたてながら運転することが事故を起こさないポイントです。

 

狭い路地などできっと何も飛び出してこないだろうとか、あの対向車や歩行者は待ってくれるだろうと決めつけて運転すると、事故につながります。

 

はっきり言って、自分以外はどんな行動をとるかわかりません。中には頭がおかしいだろこいつ、といった予測不能な動きをしてくる人もいるんですよね。

 

なので、こういったことも起きるかもしれない、もし起きたらどう対応するかといったことを考えながら運転するとともに、普段からそういった不測の事態も想定しておくといいでしょう。

 

車の間からの飛び出し

 

対向車が渋滞している、停車している車があるときは特に要注意です。

 

何の確認もせずに横断しようとする歩行者がいますし、バイクが無理やり追い越しをかけて対向車線にはみ出してくることもあります。

 

なので、正直これは限界があるんですが、そういった時はスピードを落としてゆっくり走行するようにしましょう。

 

夕暮れ時・夜間の運転で注意すべきこと

 

運転する側は、早めのライト点灯を心がけましょう。

 

また、夕暮れ時や夜間は非常に見にくくなっているので、スピードの出し過ぎは厳禁です。

 

対向車がいる場合は、ライトが重なって死角ができやすくなるので、よけいにスピードを落とすとともに目を凝らして歩行者などがいないか確認する必要もあります。

 

体調管理・健康状態の把握

 

寝不足であったり頭痛がする、くらくらするときの運転は危険です。

 

また、急に意識を失ったり体が動かせなくなるような持病を持っている場合は、特に細心の注意が必要になります。

 

専門医とよく話をして、どういった時は危ないのかや、危ないと感じる時は乗らないようにする、といったことが大切です。

 

周囲を信じすぎない

 

みんながみんな、ルールを守っているわけではありません。

 

周囲の運転者にしろ、歩行者にしろ、自転車にしろ、頭がおかしいような人は正直います。

 

周囲の人がみんなルールを正しく守っているだろう、だから自分もルールにのっとって運転していれば大丈夫だろうといった考えは、すぐに捨ててください。

 

ここからは、私が体験したことを少しご紹介します。

 

自己中心的な運転をする自転車は意外と多い

 

車を運転していて、左折しようとしました。その時、後方に自転車がいたものの、まだだいぶ後ろにいたので大丈夫だろうと思ったんですよね。

 

それで左折を開始したら、その自転車が私の車の後方をぐるっと回って追い越して行ったんです。

 

普通そういった時はスピードを緩めるなどして車の通過を待ってから直進すればいいと思うんですが、そういった運転をする自転車も多いので注意が必要だと思いましたね。

 

わけのわからない運転をする人

 

これは周りから見ていた話なんですけど、信号で停車している車がありました(片側一車線)。

 

それで、停車していた2台目の車が突然先頭車を右側から追い越して、左折していったんですよね。

 

普通ならあり得ない行為ですが、そういった運転をする人もいるため、中にはそういったき違いじみた運転をする人もいるということ心にとどめておくといいでしょう。


関連ページ

【ペーパードライバー・初心者向け】運転の練習方法まとめ
【ペーパードライバー・初心者向け】運転の練習方法まとめ
ペーパードライバーを克服することはできる?
ペーパードライバーを克服することはできる?
車の運転が下手な人の特徴とうまくなるための方法
車の運転が下手な人の特徴とうまくなるための方法
自動車事故を起こしやすいシチュエーションと運転者の特徴
自動車事故を起こしやすいシチュエーションと運転者の特徴
交通事故にあった時の大まかな対処の流れ
交通事故にあった時の大まかな対処の流れ