自動車保険にはどんな種類があるのかを解説

自動車保険にはどんな種類があるのかを解説

 

自動車保険の種類としては、大まかに分けると自賠責保険と任意保険の2つがあります。

 

また、任意保険には賠償責任保険や傷害保険があるんですよ。

 

自賠責保険とは

 

自賠責保険は、別名強制保険とも呼ばれます。

 

つまり、どの自動車であっても加入していなければいけない保険なんですよ。

 

なぜこういった保険があるのかというと、その車に被害にあった人を保護するためにあります。

 

ただし、補償範囲は人体にかかわるもののみで、物などの補償はありません。

 

補償内容としては、保険金が傷害で最高120万円、後遺障害で最高4,000万円、死亡で最高3,000万円です。

 

この自賠責保険については補償内容は変わらず、車の種類や契約年数によるので見直しで安くなるといったことはありません。

 

任意保険とは

 

任意保険は、加入するかどうかが利用者にゆだねられている保険です。

 

主な補償内容としては、下記のようなものがあります。

 

  • 対人賠償保険
  • 対物賠償保険
  • 搭乗者傷害保険
  • 自損事故保険
  • 無保険車傷害保険
  • 人身傷害補償保険
  • 車両保険

 

またその他に、対象者を限定したり示談の代行、他の人の車を運転しているときの事故も補償してもらえるなどの特約もあるので、自分に必要な補償をしっかり把握して保険を選ぶようにするといいでしょう。

 

ちなみに、だいたいの任意保険でロードサービスがついてきます。

 

見直しで安くなることもある

 

任意保険については、保険会社各社で価格が異なり、同じ補償内容であっても差が出ることもあります。

 

また、補償内容を見直したり、対象の範囲を変更する、特約を見直したりすることで保険料が安くできるかもしれないので、定期的に見直しをするようにしましょう。


関連ページ

自動車保険の等級の話
自動車保険の等級の話
竜巻被害で自動車保険を使うことはできる?
竜巻被害で自動車保険を使うことはできる?
代理店型自動車保険とダイレクト型自動車保険の違いやメリット・デメリット
代理店型自動車保険とダイレクト型自動車保険の違いやメリット・デメリット