代理店型自動車保険とダイレクト型自動車保険の違いやメリット・デメリット

代理店型自動車保険とダイレクト型自動車保険の違いやメリット・デメリット

自動車保険には、代理店型とダイレクト型の2種類があります。

 

代理店型自動車保険

 

代理店型の自動車保険は、保険会社と契約者の間に代理店を挟むものです。

 

代理店型の自動車保険を扱っている会社には、東京海上日動や損保ジャパンがあります。

 

また、代理店には専業で行っている会社であったり、自動車販売会社がなっている場合もあるので、どの代理店で契約するのかには注意する必要があるでしょう。

 

メリット

 

担当者がついてくれて、保険に対する知識があまりなくても説明を受けたり提案してもらえるので選びやすいです。

 

また、実際に事故が起きた際、担当者に連絡することでスムーズに対応してもらえるのも魅力だと言えます。

 

デメリット

 

ダイレクト型と比較して、どうしても保険料は高くなってしまいがちです。

 

ダイレクト型自動車保険

 

ダイレクト型の自動車保険の場合は、保険会社と契約者の間に代理店を挟みません。

 

保険会社と契約者が直接やり取りするので、ダイレクト型と言われます。テレビコマーシャルでよく流れていますが、シェアはそこまで多くありません。

 

ダイレクト型の自動車保険を扱っている会社には、ソニー損保やアクサダイレクトがあります。

 

メリット

 

代理店型と比較して、保険料が割安になるというのがメリットです。

 

デメリット

 

保険選びに際し、自分である程度保険について知識を持っていないといけません。

 

また、実際に事故が起きた際、保険会社に自分で連絡して処理していかないといけないといったデメリットもあります。

関連ページ

自動車保険にはどんな種類があるのかを解説
自動車保険にはどんな種類があるのかを解説
自動車保険の等級の話
自動車保険の等級の話
竜巻被害で自動車保険を使うことはできる?
竜巻被害で自動車保険を使うことはできる?