自動車保険を見直して車の維持コストを下げましょう

自動車保険を見直して車の維持コストを下げましょう

 

自動車保険は不測の事態に備えるために加入するもので、未加入はかなりリスキーです。

 

なので多くの人が加入しているわけですが、毎年費用が掛かるので結構な負担になってしまいます。

 

そこで検討したいのが、自動車保険の見直しなんですよ。こういったものは乗り換えが面倒でついつい見て見ぬふりしてしまうものですが、一度その面倒を振り払って変更すれば長期にわたって費用が削減でき、大きな節約につながります。

 

自動車保険の見直しのポイント

 

自動車保険を見直す際のチェックポイントについてご紹介しますので、参考にしてみてください。

 

補償内容をどうするか

 

まず押さえておきたいのが、どういった補償内容がいいのか決めることです。

 

なお、対人賠償保険と対物賠償保険の保険金額については無制限のものを選んだほうが無難です。ここを抑えればいくらか安くなりますが、正直ここを削ったら任意保険に入る意味がないんじゃないかなと思うんですよね。

 

この保険金額を下げたとしても、驚くほど安くなるといったこともないですから。

 

補償内容で削る場所としては、車両保険であったり免責金額を高めに設定するといったことが挙げられます。ただし、予期せぬことが起きることもあるので、あまりに削りすぎるのも考え物ですよ。

 

しっかりバランスを考えて、価格だけにとらわれずにどういった補償内容にするか決めてください。

 

車を使う人・利用シーンを明確にする

 

自分だけが乗るのか、それとも自分以外の身内も乗るのか、または他人が乗ることがあるのかなど車を使う人の範囲を明確にする必要があります。

 

またその他に、車を日常的に使うのか、それとも休日だけ使うのか、また遠出をするのか近場の実で利用するのかなどどういった利用の仕方をするのかも決めておきましょう。

 

車を使う人・利用シーンを明確にすることで、より範囲を絞った保険を選べるようになり、費用を抑えることができます。

 

一括見積サイトを使う

 

自動車保険について1社1社資料請求したり見積もりをしてもらう、というのは骨の折れる作業です。

 

それよりも、自動車保険の一括見積サイトを利用したほうが1回の入力で複数社の見積もりができるので効率的に比較・検討ができますよ。


関連ページ

車検の費用を安く抑えるためにするべきこと
車検の費用を安く抑えるためにするべきこと
車のガソリン代を安く抑えるために取り組むべきこととは?
車のガソリン代を安く抑えるために取り組むべきこととは?