毎年必要な自動車の税金は?自動車税・軽自動車税で抑えておくべきポイント

毎年必要な自動車の税金は?自動車税・軽自動車税で抑えておくべきポイント

 

車を持っていると何かとお金がかかるのですが、その中の一つに自動車税があります。

 

自動車税を払う必要がある人は?

 

自動車税は、毎年4月1日現在自動車を保有している人が払う税金です。なので、毎年4月1日までに自動車をどうするか動きが活発化するんですよね。

 

ちなみに、4月1日に保有している人ということなので、年度の途中で購入した場合も4月1日時点で自動車を保有している人は1年分の自動車税を払うことになります。

 

自動車税はいくら?

 

乗用車の場合の自動車税ですが、総排気量と自家用か営業用で変わってきます。

 

例えば、総排気量が1リットル以下の自家用で29,500円(年額)、総排気量が6リットル以上の自家用で111,000円(年額)です。

 

ただ、自動車税のグリーン化というのが平成14年4月1日から実施されており、環境負荷の大きい車は税率が高くなったり、逆に環境負荷の小さい車は税率が低くなったります。

 

軽自動車税を払う必要がある人は?

 

軽自動車税は、毎年4月1日現在軽自動車やオートバイ・原付を保有している人が払う税金です。

 

軽自動車税はいくら?

 

軽自動車税については、仙台市のサイトでわかりやすくまとめられていたので、そちらを参考にしてみてください。